医者

作業効率を低下させる鼻づまりを治そう|耳鼻科受診で原因特定

鼻粘膜の保護に加湿器

女性

アレルギー性鼻炎に悩まされている人が急増しています。アレルギー性鼻炎は抗体が多くあります。中でもスギやヒノキなどの花粉は有名でしょう。また、最近では、このようなアレルギー性鼻炎の改善に最適な方法として鼻粘膜の保湿が挙げられています。

Read More...

鼻の病気に必要なこと

病院

私たちの身近な鼻の病気の中には、鼻炎があります。そこで、アレルギー性のものがありますけど、原因物質を把握する事が大事です。原因物質をあまり吸い込まないようにすると症状が緩和されます。また、鼻炎の症状の特徴としては、鼻づまりや鼻水、くしゃみなどがあります。

Read More...

病院へ行く

女性

新宿には、優良な耳鼻科がいくつかあります。自分に合ったところを探すことで、辛い花粉症の症状も緩和するでしょう。新宿は場所柄、遅くまで診察してくれるところ、土曜日の午後や日曜日に診察しているところもあり、利便性がよく通いやすいという特徴があります。

Read More...

薬に頼り過ぎない

doctor

市販薬の注意点

花粉症シーズンになると鼻水、鼻づまりで多くの方が市販薬の購入にきます。飲み薬もあれば、スプレータイプのものもあります。重症度も各々異なり、どの商品が効くということはありません。最近では今まで一類医薬品だったものが、次々に指定二類あるいは二類医薬品に落ちてきています。鼻づまりに効果があるスプレータイプのものも一類医薬品で無くなったものもあり、どこでも簡単に手に入るようになりました。しかし市販薬の鼻づまりに効果があるものは長期使用で逆効果を示すものが多いです。1シーズンだけしか使ったらいけない商品がかなりあるため長期使用の場合一度病院を受診される方がいいです。病院の鼻水。鼻づまり対策の医薬品は長期利用が可能なもの、またはある一定期間以上経つと薬が変更されます。

もっと快適に

今の花粉症に効く医薬品は抗ヒスタミン剤と言われ、眠気、のどの渇きなどを起こしやすいものが多いです。一類医薬品であればかなり眠気を抑えたもの、または効果が強い商品もあります。点鼻薬も同様、本人が気づかないくらい機能が低下する商品が多数あります。一瞬の判断遅れが交通事故等の大事故を起こすこともあるため、実生活では使いにくいものが多いです。そこで最近今まで医療用医薬品でしか扱えなかった眠気がほとんど起こらないタイプの医薬品成分が含まれた市販薬が薬局等で売られるようになってきました。この傾向はまだ少し続きそうで年々いいものが発売されています。ただ欠点がありこのような医薬品は少し高いため、もっと普及すればもっと手軽になると思います。

Copyright© 2015 作業効率を低下させる鼻づまりを治そう|耳鼻科受診で原因特定All Rights Reserved.